導入事例

2019年08月15日 

監視カメラ映像をサービス向上に活用したい

監視カメラ(防犯カメラ)の利用方法がサービスに活用する事例はたくさんあります。
その中で、TOCCAで多くご提案する監視カメラシステムの活用方法をご案内します。

幼稚園・保育園で監視カメラをサービス向上に活用

幼稚園や保育園に防犯目的に防犯カメラを設置するケースが増えています。
特に小さなお子様を預けられている保護者のかたにとっては、セキュリティを強化していることはありがたいことです。
多くの幼稚園・保育園の防犯カメラの設置場所は主に屋外設置になっていますが、屋内に防犯カメラを設置することで、運用方法次第でサービス向上につなげることが可能です。

屋内に設置するカメラの活用事例として、保護者参観や発表会の開催日に見に行けない保護者やおじいさん、おばあさんが手元のスマートフォンで見ることができるシステムを導入することが可能です。
そのほかにも、0歳児から預かっている保育所では、こどもの様子を見れるようにすることで安心して預けることができる園としてサービス強化を行えます。

監視カメラの活用ポイント

多くのユーザーに防犯カメラ映像を遠隔から見れるようにするためには、さまざまな条件を整える必要があります。
TOCCAの取扱商品は一部の特定した防犯カメラメーカーだけの他企業とは違い、ご利用環境や運用目的などに合わせたベストなシステム提案を可能nにする商品ラインナップを揃えております。

一つの防犯カメラ映像を複数のユーザーが映像を見ることができるシステムは、保育園・幼稚園だけではなく、小学校、中学校、大学、学習塾、などさまざまな施設で利用可能です。
もちろん、上記以外の施設でもアイデアと運用方法で利便性の向上、サービス強化を図ることが可能です。

導入製品の紹介

この記事の評価:
関連記事一覧