導入事例

2019年09月20日 

管理マンションに防犯カメラを設置し、入居率を高めたい

不動産オーナー様からのご要望で、古くなった防犯カメラの入替え依頼の事例を紹介します。

お客様の現状

― 現在の状況を教えてください。

関東に住んでいるのですが、兵庫県に賃貸マンションを2棟保有しており、普段の管理は管理会社に依頼しておりますが、遠隔監視が可能な防犯カメラシステムにして、私自陣もマンションの状態を把握しておきたいと考えています。
また、古い防犯カメラなので見た目も古く、防犯対策を高めることで入居率の向上に繋がればとの思いもあります。

お客様のニーズ

― 防犯カメラでどのような防犯対策をしたいですか。

まず第一に、遠隔監視ができるようにしたいと考えてます。
また、カメラの設置場所も現状に対して、一部変更や増台を考えています。
駐車場、駐輪場、ゴミステーション、エントランス、エレベーター前を効果的に撮影・記録できるようにしたいと考えています。
それら以外にも、必要な設置場所があればご提案して欲しいです。

< 提案内容 >

オーナー様のご予算と、防犯カメラの活用方法を打合せ時に共有させて頂いた結果、オンプレミスタイプの防犯カメラシステムをご提案しました。

カメラについては、機種によって外観、映像画角(撮影範囲)、映像処理性能など仕様は様々です。
そのため、設置場所と撮影エリアに合わせたカメラを選択した上でプランを作成してご提案をさせていただきました。

今回は遠隔監視を行いたいとのことでしたので、インターネットが必要になるため、オーナー様には産業用ルータとデータSIMの導入をご提案し遠隔監視を可能な環境にしました。
光回線を導入することも可能でしたが、遠隔監視の利用頻度などを考慮した上でデータSIMを選択し、光回線の費用とデータSIMの費用の差額を弊社の保守費用にしませんかとご提案したところ、防犯カメラの保守契約もして頂くことになりました。

お客様の声

管理会社から電話や報告書はもらっていましたが、実際の目で見ていないので詳細はわからないでいました。
保有物件が近ければ見に行くことも可能ですが、遠方にある保有物件については防犯カメラで遠隔監視ができるようになって非常に便利になりました。

また、プラン作成までして頂き入替え後のイメージを心配することなく依頼することができましたし、管理会社とも上手く連携して頂いたので今後も安心できます。
「安心」できることは非常に重要だと思いました。
引き続きよろしくお願い致します。

導入製品の紹介

この記事の評価:
関連記事一覧