導入事例

2019年09月20日 
フィットネス

フィットネス

健康意識の向上にともない、24時間オープンのフィットネスジムやパーソナルトレーニングジムの運営企業が増えています。
フィットネスジムには複数台の防犯カメラが必要となり、その目的は事故対策であったりトレーニング器具の紛失対策、そしてサービス改善に役立てられております。
パーソナルトレーニングでは、スタッフのトレーニングサポート内容に問題はないか、お客様とトラブルが発生した際の管理責任者が映像から状況を確認するのにも役立てられています。

フィットネスジムでの防犯カメラ設置ポイント

フィットネスジムでは複数台のカメラが設置の要望が多い業種です。
主な目的としては、お客様にケガが発生した場合の状況証拠としてカメラの録画データを確認することが挙げられます。
トレーニング機器は重いものや、使用方法を間違えるとケガに繋がる機器も多く、日々のチェックやメンテナンスが必要になります。
万が一の場合に備えた防犯カメラを設置しております。
また、24時間営業などでスタッフがいない、少ない状況で備品の盗難対策にも活用されます。

ダンススタジオ内に設置


ダンススタジオ内に設置することで、マネジメントに活用されるケースもあります。
インストラクターのパフォーマンスや利用者の雰囲気を管理者が知るために防犯カメラ映像を利用されます。
スタジオレッスンを導入しているフィットネスジムは利用者のアンケートなどを利用している企業がありますが、利用者の声から得られる情報を録画映像と合わせて改善に活用されます。

パーソナルトレーニングでの防犯カメラ設置ポイント

パーソナルトレーニングではマンツーマンのレッスンになるため、インストラクターのサービス内容の確認や、接客時のトラブル対策として活用されます。
個室でのサービスになるため、管理者として必要に応じて映像を確認することでインストーラーとのコミュニケーションを深めるためにも防犯カメラの映像が有効として要望があります。

導入製品の紹介

この記事の評価:
関連記事一覧